信頼度を測る

ではどういったことが審査の基準として見られるのでしょうか。

ひとつ大きなものとして返済できる能力があるか、というものを挙げました。過去にどこかの金融機関、もしくはその申し込んだ金融機関からお金を借りた、そして完済したという実績があれば一番の評価となります。いくら貯金や収入があっても返済する意志がしっかりあるのかは評価する絶対的な尺度とはなり得ません。これまでに返済した形跡があるのは何より信頼度を高めてくれるので審査基準としてはかなり上位にランキングされるでしょう。

それから収入の安定度も重視されます。正社員のほうが良いのは言うまでもありませんが、転職したばかりの正社員よりも過去数年同じ職場で働き続けたフリーターのほうが評価は高くなります。それは当人が収入を今後とも継続的に得られるのかが評価されるためで、転職したばかりだとまた次の職場に移らざるを得なくなるかもしれないということで評価されなくなります。

さらに面白いのが今住んでいる住所にどのくらい長く住み続けているかも安定度を見る審査の基準とされています。短期間で転居を繰り返している人は逃げ癖がついているように見られるのです。半年以上は同じところに住んでいるのが望ましいでしょう。


銀行で行う審査

銀行は、消費者金融と並んで一般人への貸出に応じてくれる金融機関です。消費者金融よりもむしろ普通預金などでお世話になっている分、抵抗感も少なくて利用しやすいのではないでしょうか。
ただし、審査基準が厳しめに設定されているためなかなか通らないという口コミもよく目にしますので、うまく行くかどうか不安になる方も少なくないでしょう。

実際のところ銀行と消費者金融では体感的に消費者金融の方が審査が通りやすいということはないようです。どちらもアルバイトやフリーターなど正規職に付いていなくても安定した収入を条件として貸出に応じていますし、審査時間も最短で一時間を切るところなどはどちらも変わりありません。

ただし、借り入れられる限度額に銀行と消費者金融で違いがあることもあり得ます。比較的消費者金融から借りるほうが同じ条件でも多くの金額を借りられることが多いですね。そういう意味では銀行のほうが審査は厳しいといえるのかもしれません。
それ以外の申し込みに必要な書類などにも特に大きな違いはありませんので借入額にさほど大きなこだわりがないのであれば、とりあえず身近にある方で審査を申し込んでも最終的には大差ないものと思われますね。


消費者金融で行われる審査

初めてキャッシングをしようという人に立ちはだかるのが審査という壁です。審査の響きだけで固そうな印象がありますが、これをクリアしなくては消費者金融からお金を借りられないという点から固そうなものとなるのも当たり前でしょうね。

審査では当人に返済能力があるのかどうかを見られます。そのため今持っている貯金額よりも年収の見込み、さらにそれよりもこれまでしっかり返済してきたという実績のほうが重視されます。これはどこの金融機関でキャッシングしようと思っても同じように課される関門です。それに上乗せして各社独自の審査基準を持っているようですが、そうした情報は非公開となっていますし聞いても教えてもらえません。ある程度経験者の体験談などで傾向を読めることもあるのですが、そうはいっても基本はそれまでの当人の持つ属性によって全てが決まるので審査申込時に慌てても仕方がないものです。

さらに第一に守らなくてはならない、真実のみを申請するというところもうっかり忘れがちです。このくらいならばバレないかと小さな嘘を積み重ねるといずれそれもわかるようになっています。信用情報機関に蓄積された情報はかなり深いところまで網羅されており、クレジットカードの返済履歴なども参照されると言われています。軽い気持ちでこれまでの返済履歴や借り入れ残高をごまかそうとは思わないものです。

当サイトでは申込先の違いや審査基準について幾つか例を挙げて見ていきます。キャッシングをする際の参考にしていただければ幸いです。

関連リンク〔一週間無利息キャッシング:ノーローン
簡単な項目に答えるだけで借入が可能かどうか診断できる消費者金融です。