信頼度を測る

ではどういったことが審査の基準として見られるのでしょうか。

ひとつ大きなものとして返済できる能力があるか、というものを挙げました。過去にどこかの金融機関、もしくはその申し込んだ金融機関からお金を借りた、そして完済したという実績があれば一番の評価となります。いくら貯金や収入があっても返済する意志がしっかりあるのかは評価する絶対的な尺度とはなり得ません。これまでに返済した形跡があるのは何より信頼度を高めてくれるので審査基準としてはかなり上位にランキングされるでしょう。

それから収入の安定度も重視されます。正社員のほうが良いのは言うまでもありませんが、転職したばかりの正社員よりも過去数年同じ職場で働き続けたフリーターのほうが評価は高くなります。それは当人が収入を今後とも継続的に得られるのかが評価されるためで、転職したばかりだとまた次の職場に移らざるを得なくなるかもしれないということで評価されなくなります。

さらに面白いのが今住んでいる住所にどのくらい長く住み続けているかも安定度を見る審査の基準とされています。短期間で転居を繰り返している人は逃げ癖がついているように見られるのです。半年以上は同じところに住んでいるのが望ましいでしょう。